About / Edubleについて

Edubleは子どもたちの居場所です

anna-kolosyuk-4R6pg0Iq5IU-unsplash

“子どもは安心できる居場所で能力を発揮する”

Edubleは子どもたちにとって”大切な居場所”になりたいと考えています
そこは家庭でも学校でもありません
しかし、共に学び、笑い、喜び、苦楽を共有できる場所
“自分”を思う存分発揮できる場所です

子どもたちにとって安心できる場所で
これまで出会ったことのなかった、新しく素晴らしい自分に出会って欲しい
Edubleはそう考えています

子どもたちが日本語学習を通じて
新しい世界に出会うサポートを

「日本語はできないといけないのか」
「どれくらいの日本語レベルまで到達すればいいのか」
 
子ども一人ひとりにとって日本語というものがどれくらい必要性がある言語なのか
それは家庭の事情や、子ども自身が持った能力によって異なります

“日本語が必ず高いレベルで習得できないといけない”
Edubleはそんな風には考えていません
 
ただ、一つ言えるのは子どもは皆、興味が湧けば誰でも走り出すということ
そして、子ども一人ひとりに
その興味に応じた羅針盤を持たせることが
私たちが目指す教育です

“自走できる学習者”
私たちは日本語という最も美しい言語の一つを使うことで
子どもたちの興味に応じた世界に出会ってほしい

そんな風に願っています
 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
 
異学年で学び、他者を尊重し、協働する場を日本語学習にも
オランダにある学校で学ぶ子どもたちの”学習環境”に寄り添ったかたちで、
“オランダ教育×日本語”の授業を展開します

自己紹介

代表:三島 菜央

略歴 ///
2009年 University of Northern Iowa留学
2010年 関西外国語大学英米語学科卒業
2010年 京都のベンチャー企業にて企画営業を担当
2011年  個別英語レッスンを行う
2012年 大阪府高等学校教諭として勤務
2019年 退職、オランダへ移住

元高校教員。Eduble代表。

大学卒業後、京都のベンチャー企業で企画営業を担当、その傍ら様々な人々に英語指導を行う。多くの人の「学生時代にもっと英語を勉強しておけば良かった」という言葉を受け、公教育の道を志す。

2012年から高等学校英語教諭として勤務。
”教科指導から生徒を変える、教育が社会を変える”をモットーに教諭として働く。

7年間の教員生活の中で、日本の教師の働き方、教育の在り方などに疑問を持ち、教育ともう一度真摯に向き合うため2019年3月、退職。

子どもたちの学習環境を尊重しながら、”個の尊重と協同”を重視した日本語探究型学習塾/教育コンサルタント会社Edubleを開塾。

塾業と並行しながら、多くの学校現場に足を運び、日々教育をアップデート。
教育コンサルタントとして”日本にとっての良い教育”を模索中!

好きなこと:ピアノで弾き語り、教育について誰かと語り合うこと

塾長:三島 義則

略歴 ///
2012年 神戸大学発達科学部(教育学部)卒業
2012年 大阪府高等学校教諭として勤務
2019年 IBDP 言語A(Japanese)取得 
2020年 退職、オランダへ移住

幼少期から教師になることを志す。
中学時代には陸上競技に打ち込み、砲丸投げで全国大会出場。

2008年、神戸大学発達科学部(教育学部)に入学。
教職課程にて教育を学びながら、大学時代は一貫して学習塾での学習指導に従事し、小学生から高校生までの学習指導や受験指導を行う。

2012年4月より大阪府立高等学校教諭(社会科)として勤務。
協働的、対話的な授業を心がけ、知識偏重型学習ではなく、論述を含めた考査作成などに積極的に取り組む。
並行して、受験生の面接・小論文指導にも力を入れる。

2019年、IBDP 言語A(Japanese)WSに参加。

質の良い教育は世界に平和をもたらす。
楽しく学びのある授業やイベントを日々考案中!

好きなこと:身体を動かすこと、読書、お笑いを見ること

会社情報

会社名Eduble
KvK Number74866354
所在地Prins Mauritslaan 112, 2582LX, Den Haag
連絡先info@eduble.club
事業内容・小・中・高校生を対象とした学習指導
・成人向けの英会話教室
・教育移住/移住についてのコンサル業
・教育関係者や企業に向けた教育視察のコンサル業
代表者三島 菜央
トップへ戻る