週末ではなく、平日に日本語を学ぼう

Edubleでは、週末ではなく平日に日本語の授業を行なっています。
授業時間は90分ですが、3つの学習形態<個人学習・協同学習(グループ学習+探究学習)>に分け、切り替えのある仕組みの中で学びます。

  • 週末は自分の人生を豊かにする時間として使って欲しい

週末ではなく、平日に日本語を学ぶ。
そうする理由は、週末は「自分の人生をより豊かにすること」に使って欲しいから。

平日、子どもたちは”学校”というフレームの中で生活しています。
いくらオランダにある、あらゆる種類の学校が日本よりもリラックスしたものであったとしても、子どもたちは”学校”という小さな社会の中で生きています。

どれだけ楽しい学校生活を送っていたとしても、
大人に週末が必要なように、子どもにも週末は必要である。
私たちはそんな風に考えています。

誰かに支配される週末ではなく、能動的に自分の人生を楽しむための週末を過ごして欲しい。
それは、家族との時間かもしれないし、友達との時間かもしれません。
ひょっとするとただ、ダラダラするだけの時間かもしれません。

私たちは決して、「週末の習い事が悪だ!」と言っている訳ではありません。
子どもたち自身が「自分で決めた週末」を過ごして欲しい。ということなのです。
これは、私たちの願いです。

よって、Edubleの探究型日本語学習は90分/週に限られます。
週1回、90分の授業で日本語を身に付けられるのか。
ひょっとすると、そこに不安を抱えていらっしゃる方々もおられるかもしれません。

しかし、そこは”学校”ではないからこそ、小回りの効く授業が行えるところであると、私たちは捉えています。
少人数、異学年クラスだからこそ、カスタマイズされた教育ができる。
「私たちの手腕の見せ所が、週1回の授業に詰まっている!」と考えています。

週末ではなく、平日に日本語を学ぼう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る